LRFF13 混沌の魔獣 初日にゾモックを倒そう

いまさライトニングリターンズ

今回は1周目で、できる限り下準備や使うアビリティを少なくゾモック君を倒すのが目標です。

 

用意するもの ウェア

誰でも持っている初期装備を使っています。

良い性能の物があれば入れ替えてください。

ダークミューズ (物理攻撃、尻尾破壊用)

ノクターン(たたかうLv.2)など、性能が良いものがあればそちらを使ってもOK。

スパークブロウをセットして尻尾破壊とノックアウトを狙います。

スパークブロウの威力を高めるため、物理攻撃力を重視してカスタマイズします。

武器 スクラマサス

ダークミューズの初期装備。

魔法攻撃をしないので物理重視の武器に変更。

盾 ナイトロータス(初期装備)など 

アンバビレンスの初期装備。

ダークミューズの初期装備であるダブルクロスはアンバビレンスで使います。

アクセサリー

  • 頭アクセ / ファイターサイン ・・・ ルクセリオ北駅 解放者の人形のところ
  • 腕アクセ / なし

ファイターサインがあるとスパークブロウの威力が上がって尻尾破壊が少し楽になります。

北駅前の広場で、解放者の人形が落ちていたところの近くにあります。

ルクセリオのメインストーリーの1-1で聞き込みをした時に拾っていると思います。

アビリティ

  • スパークブロウLv2  ・・・ 必須 ルクセリオ魔法屋の近く 
  • たたかうLv1 ・・・ ロックアビリティ
  • ライトガードLv1  ・・・ はじめから持ってる
  • ブリザドLv.1 ・・・ お好みでセット はじめからもってる

魔法屋近くにあるスパークブロウLv2だけはほぼ必須です。

一応「たたかう」で代用できますが、スパークブロウを使うほうが楽できます。

また、ブリザドをセットしているものの与ダメージがかなり低いのでノックアウト専用です。

他のウェアにセットしたサンダーでノックアウトできるのでお好みで。

アンバビレンス (ガード用 ※デフォルトスタイル)

ガード用にカスタマイズして、「ストームブラスト」「ふみにじる」のガードに使います。

静かなるガーディアン(ヘビーガードLv2)など、ガード性能が良いウェアがあればそちらを使います。

離れて戦う場合、いつでも「ストームブラスト」のガードができるように、ある程度ATBを残しておきます。

連打でジャストガードを狙う場合はATB消費量が増えるので注意が必要です。

武器 クリムゾンブリッツ

アンバビレンスの初期装備。

盾 ダブルクロス

ダークミューズにセットされていた盾をアンバビレンスで使います。

はじめから持っている盾の中では一番ガード性能が高いです。

アクセサリー

  • 頭アクセ /  ねじりはちまき・・・ ルクセリオ商業区 梯子を登ったところ
  • 腕アクセ / ガードグラブ ・・・ ルクセリオ南にある墓地 ロミの近く

ガードグラブは「ふみにじる」の被ダメージ減少に役立ちます。

ジャストガードを狙うので無理に集めなくてもOKです。

ねじりはちまきは持っていれば使います。

アビリティ

  • サンダーLv1 ・・・ はじめからもってる
  • たたかうLv1 ・・・ ロックアビリティ
  • ガードLv2 ・・・ ルクセリオ南駅 宿屋近くの通路の奥

ガードLv2はゾモックの出現場所からそう離れていない場所にあるのでとって来たほうがいいです。

空いた場所は適当でOK。

ミスティウィザード (ノックアウト用)

物理攻撃力が低い組み合わせですが、尻尾を破壊するまではテイルスパイクを誘発するために接近して戦います。

武器 デビルズドーター 

箱舟でもらったやつ

盾 プリトウェン

箱舟でもらったやつ

アクセサリー

  • 頭アクセ / マジシャンシンボル ・・・ ルクセリオ 商業区 ブリスロの近く
  • 腕アクセ / ルーンリング ・・・ ルクセリオ 旧市街 宿屋の近く

どちらも持っていればセットします。

無理に集める必要はありません。

アビリティ

  • たたかうLv1 or ライトスラッシュなど接近攻撃 
  • サンダーLv1 ・・・ ロックアビリティ
  • ガードLv1 ・・・ もってるやつ

接近して戦うために「たたかう」か「ライトスラッシュ」をセットします。

  • たたかう ・・・ 魔法屋チュートリアル or ゴルゴノプスのドロップ
  • ライトスラッシュ ・・・ ガップルのドロップ

魔法屋のチュートリアルをスキップした場合は「たたかう」を持っていない可能性が高いです。

「ライトスラッシュ」も無い場合はミスティウィザードで接近攻撃はできません。

それでも尻尾の破壊は十分可能なので無理に集める必要はないです。

ルクセリオで買えるノクターン(たたかうLv.2)に変えて、ブリザドかサンダーをセットしてもOKです。

今回は「下準備を少なく」というテーマなので暗黒街のサンダラは無しでいきます。

 

その他 用意するもの

GP0〜4 尻尾破壊のオーバークロック用

尻尾攻撃が苦手な方はオーバークロックを使うと楽になります。

2回使えるとかなり楽できます。

破壊に成功すると確実にエアロブラストを落とすようになります。

ポーション 持てるだけ

できれば最大数欲しいです。

 

戦い方 開幕 ストームブラスト

HP25%ダウンに成功した場合は開幕に数発サンダーを打てます。

アンバビレンスをデフォルトスタイルにしているのでATBの心配は要りません。

ストームブラスト

開幕は必ずストームブラストを使ってくるのでジャストガードを狙います。

ジャストガードタイミングは技名が表示されてすぐではなく、若干貯めてからのタイミングです。

できれば1回のガードでジャストガードしたいところですが、慣れていないうちは連打で確実にジャストガードすると良いと思います。

ただ、その分ATBを多く消費する点に注意です。

比較的わかりやすいタイミング

  • ゾモック君の右足が上がってから連打
  • ゾモック君の羽が後ろに動いてから連打

テイルスパイク

テイルスパイクの初撃をガードしてスパーブロウを当てよう

初撃をガードした後すぐに物理攻撃すると尻尾に当たります。

「たたかう」よりも「スパークブロウ」を使った方が少ない回数で破壊できます。

テイルスパイクは攻撃判定が1回と2回のパターンがあります。

2回目がある時は、直前に尻尾を大きく振ります。

安全にいくならスパークブロウを2発打ったらとりあえずガード。

テイルスパイクを使わせるには?

テイルスパイクはゾモックに接近している時に使ってきますが、ライトニングがサンダーなどを使って離れると「ストームブラスト」しか使ってこなくなります。

そのため尻尾を破壊するまではミスティウィザードだろうと接近して戦います。

尻尾を破壊する前に倒してしまいそうなら余計な攻撃を控え、接近した状態で待機します。

 

オーバークロックで楽々尻尾破壊

オーバークロックを使う

尻尾攻撃が苦手な場合はオーバークロックを使って攻撃します。

使い方はテイルスパイクの初撃をガードしてからオーバークロック。スパークブロウを当てきります。

ガードに失敗した場合は次のテイルスパイクにとっておきます。

オーバークロックを1回しか使えない場合、スパークブロウ2発を1セットとして、もう4セット前後当てる必要があります。(初日のサブクエをいくつか達成してステータスが上がった状態。)

スタートボタンで成功率を上げよう

テイルスパイクの初撃をガードしたら、すぐにスタートボタンを押してストップ。

一呼吸おいてから再開し、すぐにオーバークロック、その後ダークミューズでスパークブロウを打つようにすると成功率が上がります。

「テイルスパイク→ ガードする→ ガード成功したらすぐスタートボタンで手順の確認 → オーバークロック→ ダークミューズでスパークブロウを当てきる」

これでOK。

オーバークロック無し

「テイルスパイク→ガードする→アンバビレンスでスパークブロウ2発→(2回目の尻尾攻撃をガードorもう1発スパークブロウ)」を繰り返します。

オーバークロックを一度も使わない場合、スパークブロウ2発を1セットとして13セット前後当てる必要があります。

(初日のサブクエをいくつか達成してステータスが上がった状態。ファイターサインをつけていると1セット減らせます。)

1セット当てたら次のテイルスパイクまでにダークミューズのATBを回復させておきます。

テイルスパイクのガードを全てダークミューズでするなら多めに回復。

スパークブロウなくてもいける?

スパークブロウが無い場合はたたかうでもOKです。

その代わり必要な攻撃回数が増えます。

 

尻尾を破壊したらノックアウトさせよう

サンダーで1回目のノックアウト

尻尾を破壊したらミスティウィザードとアンバビレンスにセットしたサンダーでノックアウトを狙います。

ダークミューズにセットしたブリザドはお好みで使用。

ミスティウィザードとアンバビレンスのATBがない時はダークミューズで攻撃してもOKですが、もう少しでノックアウトできそうになったらダークミューズのATBを温存します。

サンダーでノックアウト後、スパークブロウで再度ノックアウト

サンダーでノックアウトするとゾモック君の頭が下がった状態になり、スパークブロウを打つと高確率で頭部にヒットします。

スパークブロウ2、3発で再度ノックアウト状態に。

微妙に当たらなかった場合は左スティックで位置を調整してもう一度。

2回連続ノックアウトしたらダークミューズとアンバビレンスを中心に物理攻撃をします。

その後はサンダーでノックアウトゲージがゆれるようになるまで物理攻撃。

この繰り返しです。

 

ツインツイスター →  ふみにじる

ツインツイスターとふみにじるは必ずセットできます。

竜巻がライトニングの近くにくるまで

ツインツイスターの表示が出てから、竜巻がライトニングの近くに来るまで「サンダー」を当ててダメージを稼ぎながら距離調整をします。

頭に攻撃は当たるけど・・・

竜巻がでる直前に物理攻撃をするとゾモックの頭部に当てる事ができます。

ただし、ここで物理攻撃をするメリットはあまりありません。

ここでノックアウトすると竜巻をキャンセルできますが、少しでも遅れると結局竜巻攻撃がきてしまいます。

また、欲張って竜巻のガードに失敗した場合は大ダメージを受けることに。

狙うならツインツイスターの後にくる「ふみにじる」直後の方が安全です。

竜巻前にノックアウトを狙いたい場合はスパークブロウを当てます。

普通に打つと頭部に当たらない事があるので、左スティックで位置を調整するのを忘れずに。

竜巻が近づいてきたら

竜巻が近づいてきたらアンバビレンスでガードしますが、この後の「ふみにじる」をジャストガードする分のATBを残しておかなければいけません。

アンバビレンスの残りATBが心許ない場合は別のウェアで竜巻を受けます。

特に「ふみにじる」を連打でジャストガードする場合は早めに切り替えておくと良いです。

どのウェアで竜巻をガードするの?

本記事では竜巻のガード優先ウェアは

アンバビレンス > ミスティウィザード > ダークミューズ

となっております。

アンバビレンスはガード用に固めているから当然として、実はミスティウィザード(プリトウェン)よりもダークミューズ(ナイトロータス)にガードLv1とルーンリングをつけた方が被ダメージが小さくなります。

しかしダークミューズはここぞという瞬間にスパークブロウが打てないと困るウェア。

ATB管理を簡単にするためミスティウィザードで優先的にガードするようにしています。

慣れているならダークミューズを竜巻ガード用にカスタマイズしてもOK。

でもやっぱりアンバビレンスでガードが一番。

竜巻が去ってからふみにじるを使うまで

竜巻が去ってから、「ふみにじる」を使ってくるまでサンダーを数発うちます。

ここで接近攻撃すると「ふみにじる」のガードが難しくなります。

ふみにじる

アンバビレンスでジャストガードします。

ストームブラスト同様、ジャストガードのタイミングは技名がでてすぐではなく、若干貯めてからのタイミングです。

ただし、ゾモックとライトニングの距離が近い時は早めにガードしないと失敗します。

ちなみに「ふみにじる」をガードした直後に物理攻撃すると高確率で頭部に当たります。

ここは安全なタイミングで、スパークブロウを2発くらい当てると結構ノックアウトできます。

かぶりつく

あまり使ってきません。

技名が表示されたらどのウェアでもいいのですぐにガード。

ガード直後に物理攻撃をすると高確率で頭部に当たります。

スパークブロウがいいけど、時間の猶予があまりない。