FF15 2周目日記 CP3-9 またまた寄り道の旅 プリンが強すぎる

サブクエ 聖地巡礼 推奨Lvl.16

カーテスの大皿を見に行くクエストです。

帝国軍に気付かれバトルになりますが、おそらく逃げることも可能だと思います。

Lvl.23 重魔導アーマー「マニプルス」 HP:47700

3716b20c

  •  
 

まずは周囲の帝国兵を倒します。

帝国軍と戦うときは銃耐性の上がるアクセサリーをつけておくと楽になります。

おすすめ武器は盾で、このバトルにでてくる全ての敵の弱点です。

構えているだけで前方からの銃弾を防ぐことができ・・・ませんでしたヽ(TдT)ノ

マニプルスの銃弾を盾で防いでも80~90程度のダメージを受けてしまいました。

防いだ時の硬直で連続ダメージを受けてしまいアッサリピンチに。

もっと銃耐性を上げればいい話ですが普通に回避でやりすごしました。

マニプルスはシフトブレイクで強引に部位破壊可能でした。

気をつけたい攻撃

  • ミサイルっぽいの
    マニプルスが背負っているロケットランチャーが赤く光ったら砲撃の合図。回避の準備。

  • 足踏み
    範囲は狭いので連続で食らわないように注意。

一周目はアシストスーツをドロップしたのに今回はドロップせず・・・

デイヴ 巨岩に遺る思い 推奨Lvl.12

複数のキュウキとバトルです。

ドッグタグは南西の方にあります。

ついでに王の墓所で慈王の盾を入手!

アルスト支店 「荒くれガルラを倒せ」 推奨Lvl.12

ガルラ ×3  Lvl.10 HP:17900
グリーンガルラ ×3  Lvl.12 HP:19300
  •  
 

密集している時にはグラディオのテンペストでたくさんのガルラを巻き込めます。

大剣の「ブラナーレ」は炎属性がついているのでガルラを狩るのにぴったりの武器です。

アルスト支店 「湿地を駆ける猛獣」 推奨Lvl.14

35e09108

イエローキュウキ ×5 Lvl.14 HP:12000
  •  
 

毎回キュウキにポーションを消費させられるブログ主ですが、武器を槍から盾にしたところ楽に討伐できました。

リザルトはASSだったので、敵の数が多いときの盾、残り少ないときの槍と使い分ければSSSがとれるかも!

ハンマーヘッド 「夜に降る大粒の雨」 推奨Lvl.15

フラン Lvl.15 HP:18700

238cb32e

  •  
 

夜間限定のクエストです。

1体だけなので推奨レベルのわりにはたいしたことないです。

タッカ 緊急食材調達 推奨Lvl.11

タッカにガルラの肉を渡すクエストです。

レガリアで買ったやつですが、どうぞ・・・( ´_ゝ`)つ肉

ウィズ 追われたチョコボ 推奨Lvl.12

またチョコボを助けるクエストです。

トウコツとのバトルがあります。

チョコボのカラーリングができるようになりますが、ストーリーをクリアしてからやる予定です。

ランガウィータ 「蠢く異形を討伐せよ」 推奨Lvl.14

11d0e24d

プリン ×5 Lvl.14 HP:18200
  •  
 

悲報:ブログ主 プリンにボッコボコにされる

夜間はシガイが出現するため、レガリアに乗ろうとするとイグニスに「夜のドライブは危険だ」と止められます。

シガイとはそんなにも脅威な物なのか?

ブログ主はこのクエストで、その答えを再確認することになるのでした・・・

プリンといえば魔法攻撃!ということで、魔法と魔力UPの装備をたくさんして挑みました。

しかし1回魔法を打ったところでプリンののしかかりを食らってしまい、開始からたったの数秒でピンチになってしまいました。

シガイの攻撃を受けると最大HPがどんどん減っていきます。

そのせいで1回でも攻撃を食らうと即ピンチになる状況になってしまいました。

ケアルで回復すればいいだけの話なのですが、開始時のピンチでブログ主の頭は完全に混乱状態になり、何故か魔法の存在を忘れてひたすら近接戦闘をしていました。

そのまま味方が2人も戦闘不能状態になったところでようやく魔法の存在を思い出しました。

ケアルでなんとか最大HPを回復しますが油断はできません。

ビビッてカウンターばかりしていました。

グラディオに「シフトブレイクで敵のガードを崩せ」と言われた事でシフトブレイクの存在も思い出し、プリンをweak状態にして討伐することに成功しました。

シガイは本当に恐ろしいです・・・1000ギルもするフェニックスの尾を2つ使ってしまったので報酬がほとんど無いようなものでした。

次のメインストーリーで行くダンジョンでブログ主はいったいどうなってしまうのでしょうか・・・

詰んでしまうのではないかというハラハラと、Lv1で挑むワクワクが入り混じっております。

なにがともあれ楽しみです( ゚∀゚)

スポンサーリンク