FF14 レベル50赤魔のメモ

レベル50赤魔道士のメモです。

基本の動き

  • ジョルト、ヴァルファイア、エアロ等の詠唱の短い魔法を先に打ち、連続魔の特性を使って詠唱が長いが威力も高い魔法をキャストなしで打つのが基本。

  • バランスゲージをできるかぎり均一になるように80ずつためる。たまったらエン系のウェポンスキルでコンボを打つ。

  • コル・ア・コル、デプラスマン、フレッシュ、アクセラレーションはどんどん使う。 デプラスマンはタイミングや地形に注意。

  • ヘイトをとりやすいので、開幕から全力でいくときは、ロールアクションのディヴァージョンを事前に使っておく。

威力比較

ジョルト、ヴァルファイア&エアロ、スキャッター

ジョルト 対象に無属性魔法攻撃。
威力:180
追加効果:「ブラックマナ」と「ホワイトマナ」を3上昇させる

スキャッター 対象とその周囲の敵に無属性魔法攻撃。
威力:100
追加効果:「ブラックマナ」と「ホワイトマナ」を3上昇させる
追加効果(発動確率25%):「スキャッター効果アップ」を付与する。
効果時間:10秒
スキャッター効果アップ中追加効果:「ブラックマナ」と「ホワイトマナ」を8上昇させる。

ヴァルファイア 対象に火属性魔法攻撃。
威力:270
追加効果:「ブラックマナ」を9上昇させる。
発動条件:「ヴァルファイア効果アップ」効果中

ヴァルストーン 対象に土属性魔法攻撃。
威力:270
追加効果:「ホワイトマナ」を9上昇させる。
発動条件:「ヴァルストーン効果アップ」効果中

引用:ファイナルファンタジーXIV: ジョブガイド「赤魔道士」

ジョルトは威力180の単発、スキャッターは威力100の範囲。

Proc限定のヴァルファイア、ストーンは威力270の単発魔法。

  • 敵が1体
    ヴァルファイア&ストーン(Proc) > ジョルト > スキャッター

  • 敵が2体
    ヴァルファイア&ストーン(Proc) > スキャッター > ジョルト

  • 敵が3体以上
    スキャッター > ヴァルファイア&ストーン(Proc) > ジョルト

  • 総合ゲージ上昇量
    スキャッター(Proc) > ヴァルファイア&ストーン(Proc) > スキャッター = ジョルト

スキャッター、ヴァルサンダーorエアロ

ヴァルサンダー  対象に雷属性魔法攻撃。
威力:300
追加効果:「ブラックマナ」を11上昇させる
追加効果(発動確率50%):自身に「ヴァルファイア効果アップ」を付与する。
効果時間:30秒

ヴァルエアロ 対象に風属性魔法攻撃。
威力:300
追加効果:「ホワイトマナ」を11上昇させる
追加効果(発動確率50%):自身に「ヴァルストーン効果アップ」を付与する。
効果時間:30秒

引用:ファイナルファンタジーXIV: ジョブガイド「赤魔道士」

ヴァルサンダー&エアロは威力300の単発。スキャッターは威力100の範囲。

  • 敵が1.2体
    ヴァルサンダー&エアロ > スキャッター

  • 敵が3体
    ヴァルサンダー&エアロ = スキャッター

  • 敵が4体以上
    スキャッター > ヴァルサンダー&エアロ

  • 総合ゲージ上昇量 
    スキャッター(Proc) > ヴァルサンダー&エアロ > スキャッター

総合

敵が4体以上ならスキャッターが一番総合威力が高くなる。

敵が3体ならヴァルサンダー&エアロとスキャッターの総合威力は同じ。
ゲージの総合上昇量はProcスキャッター > ヴァルサンダー&エアロ > Procなしスキャッター

敵が2体なら単発攻撃するときのジョルトの部分を、スキャッターに変える。

おまけ

エンムーリネ 威力200の範囲攻撃。

敵が2体以上いればヴァルサンダー&エアロを上回る。ただしバランスゲージを30ずつ消費する。

他のエン系コンボも敵が2体以上いればエンムーリネの方が上。