FF14 アメノミハシラ 野良PTでの動き方 解説つきメモ

アメノミハシラには通常のPvEには無い、ユーザー間で築き上げたセオリーがあるのですが、ゲーム内ではなかなか知る機会がないですよね。

しばらくミハシラに行くこともなさそうなので、忘れる前にメモを残してます。

31F以上に行ってみたいけどセオリーとか何も知らないし、知らないうちにやらかしそうで怖い!という方にも。

解説を入れたら無駄に長くなったので、最初に1分で読める箇条書きのメモをつけておきました。

画像はソロで行った時のしかありません(´・_・`)

1分で読める簡易メモ

自分が思い出すためのメモ。

これだけ知っておけばなんとかなる!たぶん!

  • 壁沿って走る
  • PTで行動する
  • 1体ずつ倒す
  • 巡回Mobいたらマクロ鳴らす
  • 誘引踏んだらマクロ鳴らして見殺し
  • スタート部屋と通路には罠がない
  • 低層~中層:魔土器魔石は4つ目で使う
  • 高層:魔土器魔石は相談して使う ヤバイ時に使う
  • 80F ムカイイヌの相談
  • 90F ジンバの相談 (ミフネの相談)

 

部屋内は壁に沿って移動しよう

部屋の中は壁に沿うようにして移動します。(以下、この行為を壁走りと書きます)

hohrun4

これはMAPの端を歩くことでトラップを踏む可能性を低くすることができるからです。

そして先頭のプレイヤーが歩いてトラップがなければ、後続のプレイヤーも安全に通ることができます。

ただし壁から垂直に2,3歩ほど距離が離れた位置にはトラップがおかれていることが多いので、壁走りをする時はキッチリ端を意識します。

どれくらいのPTが壁走りをしているの?

高層を目指すほぼ全てのPTで行われていると思います。

高層では壁走りを徹底しますが、低層ではラフに移動する方も多いようです。
PTの空気を読んで、ラフか徹底するか合わせれば問題ないと良いと思います。

 

巡回に注意しながら安全な場所で1体ずつ倒そう

DDは敵が強いので基本的に1体ずつ倒します。

低層のみ、ラフに早く敵を倒していくPTもあります。

巡回モンスターについて

巡回モンスターとは、その名の通り階層内を巡回するように移動しているモンスターのことです。

高層では2体以上のモンスターと戦うと全滅の確立が高くなってしまいます。
戦闘の合間に敵が来ないか確認し、巡回モンスターを見つけたら早めにマクロで知らせます。

/p 巡回を発見! <se.1>

できる限り戦っている最中にも警戒したいところですが、気をとられて範囲攻撃を食らわないように注意です。

スタート部屋で戦おう

各階のスタート位置の部屋にはトラップがありません。

はじめにスタート部屋から巡回をチェックし、巡回モンスターが来ていたら先に倒します。

数匹連なっている時など、同時に来る時は部屋の隅などに隠れ、一番最後にやってきたモンスターから1体ずつ倒して行くことが多いようです。hohrun2

↑スタート部屋から出たところ、巡回モンスターが3体来たので隅に隠れて2体をやりすごしています。
2体とリンクしないように3体目と戦います。

通路で戦おう

通路にはトラップがありません。
基本タンクが敵を遠距離技で通路に引き寄せます。

 

時には味方を見捨てよう

誘引トラップを踏むとモンスターが3体出てきますが、高層では石化や魔石といった貴重なアイテムを使わなければ全滅してしまう可能性が高いです。

そのため誘引トラップを踏んだ人だけがモンスターの犠牲になり、後から蘇生してもらうのが主流のようです。

高層で自分が誘引トラップを踏んだら

誘引で出てきたモンスターは、トラップを踏んだプレイヤーを倒し終えると、元の部屋に戻りながら近くにいるプレイヤーを襲います。

マクロで知らせて味方を巻き込ませずに、できる限り安全に蘇生して貰える場所で死にます。

死ぬ場所によっては蘇生役の位置からターゲットができなくなるのでご注意下さい。

高層で自分以外が誘引を踏んだら

誘引を踏んだ味方と離れつつ、できる限り安全な場所へ向かいます。

また、詩人のプロトンや、ヒーラーのリジェネ、メディカ等の広範囲補助技を使ってしまうと自分にもターゲットが来るので使わないようにします。

安全な場所についたら味方の蘇生をします。

モンスターは誘引を踏んだプレイヤーを倒した後、元の部屋に戻って行く点に注意です。

なんとなくのリジェネ・メディカラは厳禁

誘引を踏んだプレイヤーにリジェネなどのHotがかかっていると、誘引で出てきたモンスターのターゲットがヒーラーにも向いてしまいます。

1名でいいはずの犠牲が2名になる上、最悪PTが壊滅します。

高層でのリジェネ・メディカラは、絶対に大丈夫!という確信がなければ、いっそ使わないほうがいいです。

稀にメディカラを常に維持し続けるヒーラーさんがいますが、DDの道中では厳禁なのでお気をつけください。

時に赤魔は戦闘に参加しない(DDに慣れてきた人向け)

パーティーメンバーがモンスターに絡まれても、ヘイトリストに載っていないプレイヤーは戦闘を回避することができます。

たとえば戦闘中に、詩人が別の巡回モンスターに絡まれたとします。

この時

  • 巡回モンスターから見つからない位置にいる
  • 巡回モンスターを攻撃していない
  • 詩人に回復や、バフなどをかけない

という条件を満たしているプレイヤーは、詩人が倒されても巡回モンスターからは攻撃を受けません。

タンク・ヒーラーは詩人を助けようとしてヘイトリストに載ってしまう事が多いので、赤魔が適任です。

赤魔道士は誘引・ミミック・巡回等の予想外の戦闘が起きた時にこのあたりを意識してみるとPTの生存率がUPすると思います。

ただ、一部のモンスターは即死範囲や超広範囲攻撃を使ってくるので、ヘイトリストに載ってなくても攻撃を受けて死んでしまう事があります。

DDに慣れてきたら挑戦するのがオススメです。

戦闘回避を狙うとき、コントルシクストとエンボルデンはヘイトリストに載る筆頭アクションなのでお気をつけください。

 

単独行動について

DDに慣れていないうちはPTで行動します。

慣れているプレイヤーの場合、低層はソロやペアで行動する事もあります。

高層はまとまって行動します。

ソロ・ペアの目安

PTによっては単独行動が禁止されている事もあるのでご注意ください。

  • 21~40 :強化値が高く、DDに慣れている場合はソロでも大丈夫です。
  • 40~70 :10層進む毎に死ぬ可能性が高くなっていきます。ちょっとマズイかも・・・と思った段階でソロ・ペアを止めた方が良いです。
  • 70~100 :PTで行動しましょう。

 

宝箱開けていい?開けちゃダメ?

開けるタイミング

宝箱からは基本アイテムがでますが、トラップやミミックがでてくる場合もあります。

基本戦闘中に開けてはいけません。

敵を倒し終えた時や、しばらく敵と戦わない時に、HPが全快している状態で開けます。

高層で宝箱を開ける時は、巡回モンスターが来ていないことを確認してから開けます。

PTによっては高層の途中から宝箱を開けなくなります。

その際はチャットで指示があると思います。

魔石・石化の駆け抜けで確実に100Fに行ける地点になったら、たいていのPTでは宝箱を開けないようです。

91F~で魔石・魔土器を使いすぎてしまっている場合には、多少リスクがあっても開けてもいいと思います。

宝箱の種類

DDには金・銀・銅の3種類の宝箱があります。

金・銀は攻略のため積極的に開けていきます。

PTによっては高層では開けないように指示があるかもしれません。

銅は基本的に開けないのが流行のようです。

土器片が欲しいPTでは開けるかも。

金の宝箱

hohmemoitem01

マップに金色の宝箱の表示がでます。

魔土器がでます。

銀の宝箱

hohitem02

マップに銀色の宝箱の表示がでます。

たまに魔石がでます。

銅の宝箱

hohitem03

フェニックスの尾やスーパーポーションHQなどがでます。

天之土器片が出たらラッキー!

 

魔土器・魔石いつ使う?

自分が見てきたPTの使い方を参考に書いてます。

魔土器 クリックして表示

91Fまではそれぞれ3つ貯めて、4つ目が出た時に使うPTが多かったです。

呪印解除

効果:使用した階層のトラップを解除 

91Fまでは4つ目が出た階層で使います。

91F~は大部屋の時に使います。
大部屋以外で使う時は、次の階層以降で大部屋を引く可能性があることも忘れずに。

サイトロ

効果:マップとトラップ可視化

91Fまでは4つ目が出た階層で使います。(わりと無駄になる事も)

91F~では大部屋に呪印解除を使うので、大部屋以外ではサイトロから使います。

自己強化

効果:8分間与ダメージ&回復魔法30%上昇

89Fまでは3つ貯めていき、4つ目が出た時にDPSが使います。
DPSが赤魔道士と詩人の場合、赤魔道士が優先的に使います。DPS2人に自己強化がついている時に出たら、タンクかヒーラーが使います。

90Fボスは攻略情報が出回ったおかげで楽に倒せるようになりましたが、90F到達までに何度か壊滅しているPTの場合は、ボス戦に慣れているDPSが使っていいと思います。

91F~は雑魚戦のために使います。
ミミック見捨てPTの時、開ける役がDPSの場合はその方は自己強化を使いません。

防御強化

効果:8分間被ダメージ40%軽減

89Fまでは3つ貯めていき、4つ目が出た時にタンクが使います。
タンクが防御強化の効果中にまた防御強化がでても、基本タンクが更新します。
タンクの防御強化の残り時間が長い時に、また防御強化が出た場合のみヒーラーも使います。

90Fボスは攻略情報が出回ったおかげで楽に倒せるようになりましたが、90F到達までに何度か壊滅しているPTの場合は、タンクが防御強化を使ってもいいと思います。

91F~は雑魚戦のために使います。
死ぬとたぶん効果が切れますが、全く死なないようにするのは厳しいところ。

宝箱増加

効果:次の階層に置かれる宝箱の数を増やす

個人的には早い段階で使ってもいいと思っていますが、勝手に使って怒られたくないので使いませんでした。

魔土器が無くて困っている時に。(ただし高層ではミミックや巡回に気をつけて)

財宝参目的PTでは、71F~で財宝を見つけたら、コレを使って財宝探知の魔土器を増やしたいところ。

敵排除

効果:次の階層の敵を減少させる(転送装置解除に必要な討伐数も減少?)

91Fまでは4つ目を引いたときに使う事が多いようです。

91Fの時点で魔石・石化が3つずつある場合、91Fから1ずつ使っていくようです。

敵変化

効果:次の階層のいずれかの部屋をミミックかマンドラゴラに変える

この魔土器を使っている人をあまり見たことがありません。積極的に使っていたのは2人くらいでした。

1人目の使い方:91F~で敵排除と合わせて使う。巡回モンスターが全然来ませんでした。

2人目の使い方:次の階層で魔石や石化を使う予定があり、ミミックかマンドラがでるかで魔石・魔土器を使い分けていく・・・らしいです。難しい!

ミミック、マンドラは宝箱をドロップする確立が高いようです。

解呪

効果:ミミックから受けた「呪詛」を解除する

91Fまでは呪詛状態になっても魔土器を使わない人が多かったです。
3つあれば使うタイプ、運よく4つ目がでたら使うタイプの2種類に分かれる感じでした。

91F~は解呪が3つあればミミックと戦っても怖くないと思います。

運気上昇

効果:使用した階層で、敵を倒したときに宝箱が出る確率をアップさせる

4つ目がでた時や、魔石・石化を使う前に使っておきます。

財宝参目的PTのときは、財宝探知を消費した後に魔石と合わせて早めに使いたいところです。78Fとかで財宝探知を使っても、財宝が無いと意味ないですしね。
というか81Fで使っちゃえばいいと思う。

形態変化

効果:自分を中心とした範囲内にいる敵を、カエル、カッパ、ニワトリのどれかにする

だいたいピンチの時に使われる魔土器です。

  • 91F~で2体以上と戦う時
  • 誘引を見捨てるのに失敗した時
  • 混戦状態になってしまった時

など。

4つ目を見つけても、特に使い道が無ければ置いていくことが多かったです。

魔法効果解除

効果:使用した階層にかかっている魔法効果を消す

主に

  • 91F~100F で アイテム使用禁止
  • 91F~100F で 妖霧発生
  • 81F~84F などの 沈黙・スタンが重要な場面でのアクション禁止

といった場面で使われる事が多かったです。

使う前に相談したいところです。

敵弱体

効果:使用した階層にいるモンスターを3分間攻防低下状態にする

89Fまでは4つ目がでた時に使います。

90FボスはPTに不慣れな方が多い場合に1つ使うことも。

91F~ 石化・魔石等でスキップしない階層等で使います。

バニシュ

効果:1分間透明状態になり敵から認知されなくなる。トラップを踏んでも発動しなくなる。

89Fまでは、4つ目が出ても使わずに置いていくことが多かったです。

91F~100F 石化で階層スキップの際、転送装置に向かうまでの間に使うなど。

透明状態で魔土器やアクションを使うと効果が消えます。

スプリントは大丈夫です。(ちなみにプロトンはダメ)

財宝探知

効果:財宝があればフィールドとMAPの上のところに表示されるようになる

財宝を見つけるまで効果が続きます。

ただし、10層毎のボスを倒して退出した時に効果が消えます。

70Fまでは4つ目が出た時に使う事が多いです。

71F~ 財宝参(ドードー等がでる)が手に入ります。

財宝狙いのPTの時は、77~79Fあたりになっても財宝探知を使うか、81F~に持ち越すか話し合うといいかも。

リレイズ

効果:1度だけ戦闘不能状態になった際に自動で蘇生する

効果は10層毎のボスを倒して退出した時に消えます。

重ね掛けは効果がありません。

89Fまで 4つ目が出たときに使います。

90Fボス 保険で使うか決めます。

91F~ 1ずつ使っていきます

敵石化

効果:使用した階層にいるモンスターを30秒間石化状態にする

石化状態の敵に攻撃すると一撃で倒せるようになります。

着弾ダメージがないDotではダメっぽい?

90Fまで 4つ目が出た階層で使います。

91~100F 階層をスキップする時。全滅の危機の時に。
ピンチになっても形態変化でいける場面では石化を使わずにいきたいところですが、一番いけないのは何も使わずに全滅することなので、いざという時は使ってしまったほうがいいです。

魔石

基本は温存で、高層までは4つ目が出た階数で使います。

オーディンのみ90Fまでとっておき、ボスに使うPTもあります。

慣れているPTではオーディンが出ても90Fボスには使いません。

91~100Fでは、石化か魔石のどちらかを使って何階か駆け抜ける事が多いです。

3つずつ持っていれば94F~99Fをスキップする事ができます。

ただしピンチの時にも使うので、実際にスキップできる回数はもっと少ないかもしれません。

 

高層の要注意モンスター

70Fボス
闇の世界のケルベロスに似た攻撃をしてきます。

  • クロー ・・・ 前方不可視範囲
  • ミニマムバブル ・・・ 対象者はボスの近くに捨てる 
  • 突進(マーカーと範囲つき) ・・・ 対象者はミニマムバブルの範囲の中に入る。攻撃を受け終わったら出る。
  • ウルユレーション ・・・ 全体攻撃。ミニマムバブルの範囲の中にいると死ぬらしい。非確認
71~80F
 

  • ノヤギ ・・・ 不可視の後方ノックバック範囲
  • マンモス ・・・ 前方範囲後、前方不可視即死攻撃
  • シロジシ(巡回) ・・・ 咆哮はスタンでのみ止められる
  • ジュシシ ・・・ ウィンターウィンドを使ってくる前に倒したい。スタン有効?非確認

80F カジガカカカてきな名前

氷にあたらないようにがんばる!!!

81~89F

80Fボスを倒したら、ムカイイヌの対処法をPTで相談します。

81~84F アメノムカイイヌ

見た目はキマイラと同じです。

  • 氷結の咆哮 ・・・ 沈黙で止める or ムカイイヌから離れる
  • 雷電の咆哮 ・・・ ムカイイヌに近付く (or 沈黙で止める 雷は止めないPTも多い)

沈黙役は81~84Fでアクション禁止が来たら、咆哮を止められない事をPTに報告します。

魔法効果解除を使うか、避けて戦うか、相談できると安心です。

81F~ アメノガルラ (巡回)

開幕にタゲをとった人に向かって突進してきます。

突進を受ける人(できるかぎりタンク)の近くに寄らない。

84F~ アメノシンゼイ

サンダラに沈黙

84F~ アメノゴズ

スワイプとヘックスに注意です。

スワイプは不可視前方範囲。ヘックスはモンスターを見ない。

86F~ アメノラセツ(巡回)

ガルラ同様、開幕にターゲットした人に突進してきます。

突進を受ける人(できるかぎりタンク)の近くに寄らない。

リッパークロウは不可視の前方範囲 避けないと死ぬ。

86F~ ヒトツメ

グラワーとスイング。

グラワーはモンスターの向いている方向に不可視直線範囲。

スイングはモンスターの周囲に不可視範囲。離れる。

90Fボス

魔土器・魔石について

PTメンバーの熟練度によって、あっさり勝つか、ギリギリか、全滅するかが分かれるボスです。

使用する魔土器・魔石は90Fに来るまでに、どれくらいPTが安定していたかを目安に考えます。

道中が安定しており、全員戦い方がわかっているPTでは魔土器・魔石は使いません。せいぜい保険でリレイズ、防御強化、敵弱体の中から使う程度。

タンクと蘇生役が慣れていれば大抵なんとかなりますが、道中で壊滅しかけているPTでは、リレイズ・自己強化・防御強化・敵弱体の中から相談して使っていいと思います。

  • リレイズ ・・・ 保険で1つ。戦闘中に使う余裕はたぶん無い。
  • 自己強化 ・・・ 90Fボスの対処法がわかっているDPSが使う。戦闘時間に余裕があれば不要。でも戦闘時間を予想するのは難しいです。
  • 防御強化 ・・・ タンクが1つ使う。ヒラが落ちた時にタンクが1秒でも粘るのに必要です。タンクとヒラが慣れていれば不要。
  • 敵弱体 ・・・ DPS底上げ、ヒラの負担軽減、保険のため。攻防低下中にできる限り削りたい。

オーディンの魔石があれば最初に使っていいかも。

PTが全滅しそうな時に使うのも有りですが、あたふたして結局使えなかった、なんて事にならないように注意です。

ボスとPTメンバーの立ち位置

ボスは中央付近に固定

基本ボスは中央付近に。
フィールドの玉を避ける際に、一時的にタンクとボスが端に行きます。終わったらまた中央へ。

砂玉のとき、赤魔とヒーラーは違う安置に

はじめから赤魔はフィールドの西側、ヒラは東側等、回復が漏れない程度に離れておくと良いです。

これは砂玉の時、同じ安置に行かないようにするためです。

ヘヴィ→範囲攻撃で二人同時に死んだらゲームオーバーです。

ボスの攻撃

エンシェントクエイガ

高火力全体攻撃。あらかじめ中央付近にPTメンバーが集まっておき、ヒーラーの回復を受けます。

ヒーラーが占星術師の時はアーサリースターを見逃さないように気をつけたいです。

玉 → 範囲攻撃

フィールドに玉が発生し、数秒後に玉の位置に範囲攻撃がでます。

玉の範囲に当たるとヘヴィ状態(鈍足)になります。エスナ・時神のピーアンで解除できます。

安置はフィールドの外周側に数箇所あります。赤魔とヒーラーは同じ安置に行かないほうがいいです。

玉出現後、ボスが範囲攻撃を撃ってきます。

91~99F

ジンバのメテオをどう対処するのか、90Fボス後に作戦会議しておきたいです。

91F~ アメノゴズ (巡回)

はじめにターゲットした人に突進してきます。

スワイプとスイングに注意です。

91F~ アメノミフネ

範囲攻撃は、ターゲットされた人が壁を使って視線切りすると無効にできます。

可能ならミフネと戦わないのが安定です。

91F~ アメノジャキ

ミールストームをスタンで止めます。

91F~ ヒューランの戦士っぽいやつ

戦闘時間が長引くと強攻撃でタンクが死んでしまいます。

94F~ アメノジンバ

超広範囲のメテオを撃ってきます。これはスタン・沈黙で止められません。

できるなら各自バフや、赤魔はエンコンボ、詩人なら乱れエンピなどの高火力アクションで、発動前に倒してしまいたいところです。

戦う前に、メテオの退避先にモンスターがいない事を確認しましょう。

もちろんジンバと戦わずにやりすごせる場合は戦わずにいきます。

94F~ アメノクビナシ(巡回)

戦闘開始から時間がたつと、自爆して全滅してしまうらしいです。
自分では確認できていません。

96F~ アメノテンマ(巡回)

スタンのみ効きます。

96F~ アメノゼンキ

スタンのみ効きます。

96F~ アメノシュワブチ

高速の直線範囲を撃ってきます。

同じ直線上にパーティーメンバーがいないように戦います。

 

94F~ 階層スキップの注意点

石化の効果は30秒 バラけて倒そう

石化は30秒間だけなので、石化の魔土器を使ったらそれぞれ分かれて敵を倒しに行きます。

トラップに注意

石化・魔石で階層をスキップする際もトラップがあることに注意します。

あれば呪印解除かサイトロも

呪印解除かサイトロが余っている時は一緒に使います。

ただし呪印解除は大部屋に使う分を必ず残しておきます。

サイトロの場合、転送装置がどこにあるか事前に知ることができるのも強みです。

バニシュの注意点

石化で転送装置を開放した後にバニシュを使うことも多いと思いますが、魔土器やアクションを使うと効果が切れてしまうので注意です。

スプリントは使ってもOKです。

ついつい使いたくなるプロトンはNG。

また、バニシュ中はトラップを踏んでも起動しないので壁走りは不要です。

 

DDのUIを消しちゃったら? PS4のみ

ディープダンジョン情報を消しちゃった!

hohui1c

コンテンツ情報の「ディープダンジョン情報」を選択します。

または、タッチパッドを押してメインコマンドを開き、「マイキャラクター」を選択すると復活します。

hohui2

ディープダンジョン情報の右上にある鍵マークを選択して、閉じている状態にしておくと安心です。

マップがきえちゃった!

PS4なら□ボタンを押すとマップが復活します。

houui3

こちらも鍵マークを閉じておくと安心です。